TopPage
























































































































































3.本能的行動


   動物の行動を、本能的行動、学習された行動意識された行動の3段階に分け、その夫々に対応して、脳が特徴的構造を持っていることを説明します。

   前半の本能的行動、学習された行動については、現代科学の常識の範囲内の知識であって、それほどの目新しさはありません。
   意識された行動は、全く、新しい内容です。多分、始めて、聞く話だと思います。知的生命体の脳の構造の特殊性について論じています。

   意識された行動は、本能的行動や、学習された行動の延長線上にあります。基本的には、その原理が同じであり、代用物であると考えられます。
   従って、本能的行動や、学習された行動などの常識的話を整理することによって、始めて、本題の意識された行動が理解できます。そこで、あえて、この常識的問題を取り上げておきます。

動物の行動様式の進化と、話の常識度 
 第一段階 本能的行動  ->  常識的内容です。
 第二段階 学習された行動 ->   まあまあ、常識的です。
 第三段階 意識された行動 ->   常識の範囲外です。

   具体的には、下図のような脳の構造と、この構造の違いによって、夫々、特徴ある行動様式が生み出されていること論じます。

注)なお、意識器官の概要は、こちらを参照下さい。


   最も基本的な脳のモデル

   最も基本的な脳のモデルは、それを動かすために必要なプログラムの全てが、生まれながらに(製造工程で)組み込まれているようなタイプです。

   例えば、コンピューターを例にとれば、これを動かすためには、そこになんらかのプログラムを組み込んでやる必要がありますが、それが全て製造の段階で組み込まれているような場合です。

   この様に遺伝的に胚発生の段階で組み込まれるプログラムを、心理学や生物学では『本能』と呼び、生理学では『無条件反射』と呼んでおります。コンピュータ業界では、ROM(read only Memory)と呼んでいます。

 本能の定義 :  遺伝的に、胚発生の段階で組み込まれているプログラム。 
 同義語 無条件反射、ROM
 変更する為には :  本能の内容を変更する為には、進化する必要がある。

   厳密な意味では、どの様な下等な動物の神経組織にも、多かれ少なかれ、学習作用はあるようですから、と言うよりは、神経細胞そのものが、学習作用を持つているようですから(注1)、純粋に無条件反射(本能)のみから構成された神経組織を持つ動物は、存在しないと思います。
   しかし、ここでは、その様な細かいことは気にせずに、ごく常識的におおらかに考えます。

   昆虫たちは、学習に対する依存度が低く、教わらなくても、また、これといった体験学習をしなくても、立派に一人で生きていくことができます。生きるために必要なプログラムのほとんどは、本能として与えられておりますから、ただ本能の命じるままに生きても、それで充分完成されております。この様な動物たちの神経組織のモデルは、次の図のようになります。

 

本能的プログラムを変更するには。

   この動物たちの神経組織の特徴は、それが本能のみより構成されていることです。
   従って、進化論上は、次の点が重要になります。もし、この様な動物が、新しい環境に適応するために、行動のプログラムを変更しようと思ったら、進化する必要があります。
   なぜなら、それらのプログラムは、本能として遺伝的に決定されているものであり、遺伝の内容を変更するためには、進化する以外に方法がないからです。

   このために世代の交代が必要になり、時間もかかることになります。このプログラムの変更のために、進化する必要のあることが、この段階の神経組織の特徴です。

プログラムを変更する為には 進化する必要がある。

   ちなみに、学習された行動や、意識された行動では、プログラムの変更に進化する必要が無くなっています。世代交代が必要なく、個体レベルで可能となっています。

   学習された行動では、体を使った『体験学習』でプログラムを変更することが可能です。

   意識された行動では、頭を使った『考える行為』によって、プログラムの変更が可能になっています。脳内部の形式的な信号処理(考える行為)だけで可能です。体を使った体験学習も必要無くなっています。

  前へ  Top  次へ

注1)学習作用について
   厳密な論理を展開した場合、全ての細胞が持っている環境変化への適応力と、神経細胞の学習作用の間に、明確な境界線を引くことは、不可能と思われます。
   神経細胞の学習作用は、全ての生物細胞が持っている環境変化への適応力が原型となって、特化したものであると思われます。